<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
OHERS
ADMIN
TAGS
出村まさとのモダンアートな日々 (72) , 夢スタジオで出会った素敵な人々 (31) ,
ARCHIVES
今日の日記 ♡りえ♡と♥はるか♥
9月の初めに横浜から帰ってきて、ちょうど一ヶ月。
書ききれない、いっぱい出会いがあった一ヶ月でした。

そして気がつけば、
今日は3年前のあの日と同じ10月8日だね。

そんな今日
先月結婚した姪の♡りえ♡が新婚旅行から帰ってきた。


その1.jpg
(クリックすると大きくなります)

目出度い、愛でたいから記念に1枚。
☆人妻もスタジオでは僕のもの☆


その2.jpg

カメラマン否、カメラレディは
♡りえ♡ のひとつ下の ♤まさみ♤
知る人ぞshiru boku no musume



そして、夜は招待出品の北国写真展用の作品をパネルに貼った。



はるか2011.jpg
(クリックすると大きくなります)

この春、撮影した ♥はるかさん♥
僕の好きなゴスロリファッション☂☁☂☁☂ 

パーティ用に
甘ロリ風リボン付けて マジ カワイイ!
はるかさん 元気かな〜 (^-^)/






  • (2011-10-09 00:52:47)
トンボとおはぎ
夢スタジオにフラリとトンボがやって来た。

ロビーとスタジオをいっぱい探検したトンボ君。
今度は窓ガラスの向こうに行きたそうだった。

よし、いっしょに行こう!


フォト44 .jpg



秋の日差しがとても気持ちのいい、お彼岸です。



フォト55.jpg
赤いスポーツカーに乗って、ゆっくりと
近所の和菓子屋まで



あっ、トンボ君が、いってしまった〜。
おいしい「おはぎ」より空を飛ぶことを選んだトンボ君。

いいな〜 僕は飛べないもん。




フォト66.jpg

夢スタジオができる前からある、街の小さな和菓子屋さん。

腕のいい店主のこころが伝わる、手作りのおはぎ。
商売上手な有名店より、何倍も美味しいのだ。





フォト77.jpg

ススキの模様のお皿にのせたら、懐かしくなった。
吉川社中の秋の茶会、、、、。

吉川先生からいただいた、菓子鉢で、
僕はひっそりと、月見の茶会をしよう。





  • (2011-09-24 14:51:24)
先生の死
私には二人の先生がいる。

一人は写真の師である吉川恍陽、石川県の名士であった。

最後の弟子である私は
毎年5月の命日に先生のお宅へお参りに行き、
今年は没後20年になった。


そして
暑い夏と残暑が終わった昨日、先生の奥様が亡くなられた。
今も吉川写真館と懇意にしている関係で、
私は葬儀の受付を仰せつかった。

先生が亡くなって20年も経つのに、奥様の死で
私のこころは、穴があいたような感じになった。


かつての吉川先生のように、私は
いろんな所から頼まれて写真の話などしているが、
気がつけば、奥様がいてくださることが、支えになっていた。

吉川先生と出会って、私は写真館を生涯の仕事にしたのだ。

奥様も亡くなり、この先私は、頼りの先人を失い、

ひとり、寂しさを抱えて、写真の道を、行かねば、ならない。


京菓子_550x389.jpg
私の好きな京菓子 「雲龍」
奥様は表千家茶道の師範であり、私のお茶の師匠であった。




  • (2011-09-20 00:17:42)
カメラマンは20才です!

キャンペーンレディの撮影が、連日続いていた。


撮影はスポーツだ! カラダ張って撮ってるよ。

0才から80〜才まで撮影の守備範囲が広いとか
いろいろ持ち上げられるけど、

こちらのカラダ張った撮影にレスポンスがいいのは、この年代だね。
撮影していて一番楽しい。



ピシユラン3人.jpg
初日の撮影終了後、私服でプライベートフォト




ピシユラン4人.jpg
最後まで残っていたモデルさんたちと記念撮影

このノリで連日、楽しく撮影、

やっぱ、カメラマンは20才です!



  • (2011-09-09 17:20:31)
つながる「命」
マーク小75pixel.jpg

ある年、一人の紳士が叙勲の名誉を授けられ
受章されたその記念に写真を撮りに来店された。

それから数年後、
紳士は入院中の身を押して再び撮影に来店された。

「もう、長く生きられないので今の写真を残しておきたい」

そして数ヶ月後、
葬儀を終えた奥様とご子息があの時の写真のお礼に来店された。


お盆_風船桂の葉.jpg
お盆_風船桂の葉


それから2年の時が経って、
私はいつものように赤ちゃんの記念撮影の準備をしていた。
その日来店された家族の中に、あの時の奥様がいた!!

微笑みながら私を見ている!!
そして横に立つ、若い新米の赤ちゃんのお父さんが言った。

「僕、あの時のおじいちゃんの孫です。」

おじいちゃんの孫は若く素敵な伴侶と一緒だった。

それから、赤ちゃんのお宮参り、100日撮影とご縁は続き


arai.jpg
この夏「はるあきくん」1才の記念撮影の一コマ
(クリックすると大きくなります)




吉川恍陽写真場時代から丸30年、
多くの婚礼や家族写真を撮影して、今思う。
親から子へ、何世代にも渡り、命の連鎖が続いている。

生まれたこと、そして出会ったことは奇跡。

私の仕事は、人を撮る、命を撮る。
命の連鎖に立ち会い表現する。

私の表現は
連鎖の中で人が人にかける情を描き出す。


お盆_実家の庭.jpg
お盆_実家の庭


  • (2011-08-26 20:44:46)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21