<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
OHERS
ADMIN
TAGS
出村まさとのモダンアートな日々 (72) , 夢スタジオで出会った素敵な人々 (31) ,
ARCHIVES
モダンアート展in横浜
00.jpg
「モダンアート明日への展望2009」が開催されている
横浜に行っておりました。


01.jpg
はっきりとした批評の裏に、いつも細やかな気配りを見せる
石川忠一氏の作品です。



02.jpg
今回、俊英作家賞を受賞した小澤はるみ氏の作品の前で。



03.jpg
私が一番気に入った作品。村田とも子氏。春の本展では優秀賞を受賞している。

私も出品しているが、いずれHPで公開しましょう。



04.jpg
受賞パーティーのスナップより
この後、伊勢佐木町へ繰り出す。どうも私は横浜の夜のほうが楽しみなのだ。
またまた予定より1日長くいてしまった。




  • (2009-09-07 23:36:47)
新宅 優菜ちゃんの成長記録
優菜(ゆな)ちゃんに初めて会ったのは
昨年のお宮参り。10月13日の撮影でした。

それから9ヶ月
ゆなちゃんが1才になって夢スタジオに登場しました。

14.jpg
(クリックで写真が大きくなります)

夢スタジオに来ると、なぜかみんな元気になるのですが
ゆなちゃんのとびっきりの笑顔とこの足さばきは見事!
初誕生の決定的瞬間です。お母さんも大喜びでした。




07.jpg

これは始めの方の撮影、あわてず少しずつ慣らしていくのです。
この様子だと言葉も早くしゃべれそうですね。



05.jpg

これは昨年のお宮参りの撮影です。
スタジオにある聖子ブランドの衣装で撮りました。
衣装に自然になじむ、ゆなちゃんの存在感、さすが!


16.jpg

同じく昨年のお宮参りの撮影です。
なんてカワイイ笑顔なんでしょう!

でもこの優しそうな子が、こんなに元気な1才になるなんて、
たくましく成長して、子育ておかあさんも嬉しい悲鳴。

貴重な成長記録は家族の歴史でもあります。
夢スタジオは皆さんの成長を温かく見守りながら
これからも撮影を通じて、人と社会のお役にたっていきますネ。




  • (2009-08-23 02:23:50)
竹中家、ゆかた3姉妹!
長女の愛奈(あいな)チャンを最初に撮影したのは、もう6年近く前。
その時は竹中さんに3人のお母さんになる日が来るなんて、
私は想像しなかった〜!

02.jpg
(クリックで写真が大きくなります)

愛奈(あいな)チャンは赤ちゃんの時から、とびっきりの美人で
とにかく絵になる子でした。夢スタジオのモデルみたいになって
よくロビーに写真をかざりましたね。


03.jpg

ところが2〜3年もすると2女の悠夏(ゆうか)チャンが、
自分が主役の番が来たとばかり、突然目立ちだしたんです。
あきらかに撮影を楽しみに待っていたことが、こちらに伝わるのです。

キャラも楽しく個性的。七五三や入園の写真、とっても良かったね。
今回の撮影の時も3人のムードメーカーです。


01.jpg


3女の心咲(みさき)チャン、この年齢でここまでやるのは
明らかに、おねいチャンたちに鍛えられたお陰か?
目立ってますね。これは将来楽しみ〜!

こちらも3人のパワーに負けないよう、鍛えなくては〜!
また会うのを楽しみにしていますよ。




  • (2009-08-15 14:12:03)
ユージンスミス in 砺波市美術館
夢スタジオから高速に乗り45分で砺波市美術館に着く。
ここは多くの写真ファンにとって大切な美術館だ。

写真の企画展を定期的に開催してくれる富山県砺波市の公立美術館である。
私は同じく富山にあるミュゼ福岡カメラ館と共に年に何度も足を運ぶ。
New Carのテストを兼ねて行ってきた。


砺波inユージンスミス.jpg

中学2年生で初めてカメラを手にした私にとって、
フォトジャーナリズムはまさに少年のあこがれの世界であった。

アメリカのグラフ雑誌やそこから転載される日本のカメラ雑誌に載る
世界の写真と記事は私に多大な影響を与え、その記憶は今もなお鮮明である。

今回のユージンスミスの写真は
アメリカ軍の戦争従軍カメラマン時代、スペインの村、
カントリードクターをはじめ最後の「水俣」まで陳列。
いずれも数年をかけて現地に滞在し人々の中にとけ込んで、
ジャーナリストとしての視点と主張を持って撮影、発表された作品である。

現代と比べるには時代背景に無理があるが、
カメラマン以前の「視点と主張」が普遍性と社会性を持っていることが
この時代の写真家ユージンスミの特徴なのである。

HPに載せた美術館前の案内看板は、従軍カメラマンとして、瀕死の負傷をした
スミスが闘病中にやっとの思いで捕らえた自分の子供の写真である。

「いて欲しい時にいてくれなかった、お父さん」が

..娘に残した貴重な1枚........である。









  • (2009-08-15 13:11:08)
ソフトバンクその2_お姉様
1000万画素のケータイ、買いました。我が家の住人が。

買ってすぐ、説明書も読まずに写したのがこれです。
写したのはわたくしですが。

ソフトバンクお姉様1.jpg
長年お世話になっております。ド〜モ ド〜モ

2年半前にも出たばかりの500万画素の携帯で、買ったその場で写しましたね。
今回の機種はAQUOS SHOT SoftBank933SH SHARP 新製品

感想 非常にまろやかな写りになりましたね。2年半の進化が見えますよ。

フラッシュの強制発光モードにすると、さらに人物が明るくきれいになりますが
ショップは割合に明るいので、オートではフラッシュはつきませんでした。
それでもモデルが細くきれいなので、バッチリOKいい写りです。



ソフトバンクお姉様2.jpg
(クリックで写真が大きくなります)
ハガキの大きさにプリントして彼女たちにプレゼントしましたが
1000万画素のきめ細かさだから、もちろんざらつき無し!まろやかな写りです。
了解を得てここにアップしました。

他のソフトバンクには行ったことがないけど
よく見るとスカーフの色が上品で高級なムードを出していますね。

みんなで新製品のAQUOS SHOT 933SHを手に持ってポーズをとりました。
華やか〜 カワイイ

そういえば
来月から写真教室の講師をすることになっているなぁ、
この写真、教材にいいかも。


  • (2009-08-08 01:15:37)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21