<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
OHERS
ADMIN
TAGS
出村まさとのモダンアートな日々 (72) , 夢スタジオで出会った素敵な人々 (31) ,
ARCHIVES
ソフトバンクその1お父様
夢スタジオの向かいはソフトバンク、携帯ショップです。
大通りをはさんで真正面です。
デジタルツーカー、ボーダフォン時代から10年以上のお付き合い。
今日、久しぶりに行ってきました。


白い犬1-HP用.jpg
(クリックで写真が大きくなります)

こんにちは、お父様 (^o^)





白い犬2-HP用.jpg


近くに住みながら、ご挨拶が遅れました。
まことにすみません。(^_^;)





白い犬3-HP用.jpg


なにとぞ、お許しを。 m(__)m  \(__ ) ハンセィ

1000万画素の携帯を見に来たのですが、、、
いいえ、買いにきました、、、買います



続く、、、



  • (2009-07-31 00:40:47)
かおりさんの新曲CDとポスター撮影
今日はかおりさんの新曲発売に合わせた
CDとポスター用撮影、その打合せです。

新曲.jpg
撮影する私のイメージ作りのため、目の前で歌ってもらいました。

なんと私の顔との距離わずか25㎝!!!

カラオケCDをバックに、伝わる熱い思いと息遣い!! いい時間でした。
でもね、すごく照れていました。発表前に人前で歌ったの、初めてなんだって。


歌詞.jpg
(クリックで写真が大きくなります)
随分書き込まれている、歌詞カードです。本来人に見せることはないらしい。
なるほど、こんな風に抑揚をつけるのか。

「捨てられても 好きよ」・・・・・・・

「大丈夫、かおりさん 僕は捨てないから」(^_-)-☆
お互いうち解けて、撮影のイメージも決まったし、打合せは楽しく終了 (^_^)

あ、誤解されるといけないから
大切な人に言わなくては、「大丈夫、・・・さん 僕は捨てないから」






  • (2009-07-29 03:26:57)
美女の撮影は、甘くセクシー
以前から何度か撮影しているNAOKOさん。
今日のテーマはエレガンス。
NAOKO1.jpg
(さわやかな色気に、甘いムードが漂ってきた瞬間)


さぁ、いよいよエレガントに上品に
微妙な変化の瞬間、逃がしませんよ!
NAOKO2.jpg
(不思議な魅力、いい感じがでましたね)


TOMOKOさんは今日がはじめての撮影です。
ヘアーにスポットをあて強いアクセントを付けました。
TOMOKO1.jpg
(ワイワイ賑やかで楽しい撮影でした)


TOMOKOさんが慣れたころを見計らって、動きをつけます。
何度かリハーサルをして、本番スタート!
TOMOKO2.jpg
(若さ溢れる女性美に+セクシーラインを強調)

広告用の撮影は事前にテーマを決めて撮るから
とってもリズミカルに進みます。
NAOKOさんTOMOKOさんの今回の写真は、
これから先、どこかの雑誌で見る機会何度もあるよ〜。


NAOKO&TOMOKO.jpg
二人のカットにモデルとカメラマンの
コミニュケーションの良さ、出てるよね!

  • (2009-07-14 01:56:37)
K子のギャラリー
私の作品が7月末まで
モダンアート協会会員 坂本京子さんのHPで紹介されています。

K子のギャラリー
http://www5c.biglobe.ne.jp/%7Ekyoko-s/ の
K子の.jpg

アーティスト登場のページです。
アーティスト登場.jpg
他に6点が、とてもわかりやすく紹介されています。

以下はそれの連携でモダンアート協会のHP
http://www21.ocn.ne.jp/~maa/ の掲示板に書いた内容です。

モダンアートHP.jpg

金沢から、こんばんは。

坂本さんのHPを通してみる、自分の作品。
古川さんの批評。 

自分を離れて見る自分。

とても参考になります。
良い機会をいただいてありがとうございます。

>>驚くような技法で撮影されているとか
ハイ、驚くほど簡単な技法?かもしれませんね(^^)

浮かんだ絵を画用紙に書いて複写して、
大きくプリントして絵の具を塗るだけとか。

夕日の沈む海でじっと波を見つめ
私的な決定的瞬間をバカちょんデジカメで捕らえるとか。

>photoshopで遊んでみますが
私は写真館を営んでいますから、photoshopは日常の道具です。
データを綺麗にそろえる最終的な段階で使います。
作品におけるphotoshopの割合は10%くらいでしょうか。

やはり頭に浮かぶ鮮明なイメージが全て、といってよいと思います。
そのイメージを作品に具現化する方法をいくつか持っていますが、
実験的方法をさぐりながら、最近は立体化を模索しているのです。

>鮮烈な青と赤の色相対比!
何故か私の作品は青になるのです。ずっとそれだけ思っていました。
今回初めて、赤もあることに気がつきました。(@_@;)

気がつかなかったのは本人である私だけのようですね。(>_<)
人の批評はありがたいと思いました。

イラスト3.jpg
  • (2009-07-08 23:27:44)
暁烏敏と私の作品の接点
中学2年から写真を始めた。
高校も大学も写真部の連中とは仲良しだった。
部室にもよく行った。けれど彼らの写真の作り方は、いい加減だったので
私は写真部には入らなかった。

私は大学の時、恩師との出会いがあり東洋の思想に触れた。
その時期に暁烏敏も知った。
当時の私の密かな自慢は写真機材にかけた金銭よりも
書物を買うために使ったお金のほうがうんと多いことだった。

しかしプロになってからは、
大切な東洋思想の本を読む機会は残念ながら減っていた。
ところが独立して20年が過ぎた今、再び心はそこへ向かっているのです。

暁烏敏.jpg
(クリックで写真が大きくなります)
手前に見える黒いヘアーが私です(7/1 北國新聞 朝刊より)

私の作品のタイトルを振り返れば、
そこには私の思想の片鱗が見えると思います。
  • (2009-07-05 22:41:15)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21