<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
OHERS
ADMIN
TAGS
出村まさとのモダンアートな日々 (72) , 夢スタジオで出会った素敵な人々 (31) ,
ARCHIVES
銀座のギャラリーで新作を発表 & 21美でも
今、毎日毎日、丹念にこつこと制作を続けてきた、作品が出来た!

来週は2カ所で新作を発表する。
ひとつは関わりのある北國写真連盟主催の北國写真展だ。


A-4full浅田.jpg
(クリックで写真が大きくなります)
11月9日(火)〜14日(日) 金沢21世紀美術館

53㎝x64㎝のパネル仕様の写真、200点余りが集まるコンテスト。
審査員を頼まれたのだけど、夢スタジオの仕事優先で作品だけ招待出品。
私の作品は小さいものでも畳1枚はあるので、このサイズは初めてです。

5月に撮影したとても気になる女の娘。
感性やファッションの好みがとても私と似ていて、流れるような撮影だった。
今回はその中から1枚のパネルに再構成。シンプルにまとめた。
サンプルをお母さんにお見せしたら、とても喜んでいただいた。



  ☆ * ::・°
そして、もう一カ所は銀座のギャラリー、アートポイントだ。
丹念にこつこと制作を続けてきて、今日出来たのは、そこに飾る作品です。
完成した作品を前にコーヒーを片手に1時間は充実の時を過ごしていました。

そのモダンアートの新作の話題は次回に、、、 ☆ ☆


  • (2010-10-31 02:45:13)
作品を目指す人は皆、写真の「仲間」
私は仕事以外に
地元の写真業界に恩返しをする純粋な気持ちで講師を引き受けています。
プロの受講生にもアマの受講生にも
区別なく平等にノウハウを提供しています。


講師と写真の仲間.jpg
熱心な眼差しがとても印象に残っています。
(クリックで写真が大きくなります)

しかし、ところによっては
「講師」を依頼してくる会社の営利事業に組み込まれたり、
先生と生徒の上下関係ができたりします。
謝礼や報酬を受け取ることも、本来私は望みません。

なぜなら私は仕事以外に
世の中に奉仕することに関わる、人間でありたいのです。



私の仕事は夢スタジオでの撮影であり、生活の糧にもなっています。
しかし私にとって講師の依頼を受けて、話や実演加工、撮影実技をすることは

《作品を目指す写真の「仲間」への情報提供、奉仕》なのです。

そのことに徹し、営利団体から依頼される講師は
今年12月末でやめることにしました。

すでに先々月、文化センターの講師を来期は継続しないことを、
本部の理事長はじめ、常務理事と支配人そして担当者の方々と
それぞれに時間をかけた話の場を設けて、お伝えしてあります。


今後、純粋な役立ちの気持ちが活かされる場が他にあれば、
形を変えて機会があるかもしれませんが、現在は未定です。



私は今一度、自分に厳しく、
利益優先とか利用するとか、利己的な烏合の衆からは離れ、
人々の純粋な思いを尊重できる場所と機会に出会えば
自分のノウハウを役立てて良いと思っています。


それは根っこの部分で「魂と会話する撮影」の精神と同じです。

純粋な気持ちが通じる人々、写真の「仲間」を大切にし、
その人たちの力になれるのなら、よろこんで、、、

唯、それだけなのです。

.。.・☆ *


マーク小75pixel.jpg



.・.:*・° .・ ☆


  • (2010-09-01 20:44:07)
Our pictures richly make person's mind happy.
ライカ1.jpg
.・ ☆
    .。.・ ::*・° ☆ ☆
. 。.:*・°.・.。.・*    .。.・
     .:・° 夢スタジオ .。.:*・°
.・.。.・*
       http://yumestudio.jp
Our pictures richly make person's mind happy.


魔法使いが一振りしたように星がきらめきます。
夢スタジオのメールの最後に入る署名の1例です。

今回署名を新しくした理由は、、、、


夢スタジオが目指すのは
「人のこころが豊かで幸せになる写真」
Our pictures richly make person's mind happy. 
 
その仕事を通して社会に貢献する。それが目的です。


長らく、中途半端な自分の姿が見えていました。
これではいかん、全身全霊を込めて撮影に徹しよう。

禅問答のようですが、

形にとらわれず 「魂と会話する撮影」をしよう! 

形を超えて、レンズの前にいる魂と会話する撮影をしよう!

この夏、真剣にそう思いました。


形にとらわれず、形を超えて〜 
これはもしかして「守・破・離」の破、その入り口かも知れない。

求道者のように〜
一生かけても到達しないかも知れないが、唯、行くのみです。

毎日、いろいろな人がカメラを操る私の前に立ちます。
その人の言葉や形を超えて、内なる願いを聴きあてた時、
私は初めてその人の魂と会話し、応える撮影ができるのでしょう。

.。.・☆ *



マーク小75pixel.jpg
Our pictures richly make person's mind happy.





.・.:*・° .・ ☆
  • (2010-09-01 17:53:57)
ちょっと不良かも
この年齢になっても夜の繁華街に良く飲みに行く。

地元金沢で最も頻繁に行った時期は新スタジオの建設時。
様々な業者と良く情報交換を兼ねて通った。

今日は連れが早く帰ることになり、私もタクシーに乗ったが
すぐ後悔した。まだ12時を回ったばかりじゃないか!

一人でもう一軒、あのラウンジへも行けば良かった〜。
今、喧噪の街が面白い!

最近の私は新スタジオの建設時のような好奇心と元気があるのだと思う。


ピンクの長靴.jpg
昨日、デパートでキュンときた長靴

これを見た瞬間、リアルなイメージ浮かんだ。
フリフリのドレスを着て、つばさの様なアイメークをして、
同じようなフリルの付いた傘をさして立っている、女の娘。 撮影したい。

夢にいろんな絵が浮かぶけれど、現実から触発されることは珍しい。
今制作中の作品は、来月出品を頼まれているもの。
写真であるが竹久夢二、その恋人の彦野を思わせる絵画のイメージである。
写真というより淡い日本画のように仕上げるつもりでいる。
ゴスロリ風のモデルと言えば、わかる人にはわかるかも。


昨日は一日、休日をとった。

近江町市場1.jpg
胸キュンの長靴を見た後、近江町市場へ行った。

金沢市民の台所、兼観光名所。 
昼はアユを食べたのに、晩ご飯用にどじょうのかばやきを30本。
柔らかく、コリコリ感がおいしい。スーパーとはものが違う。
値も違うが、うまい。


近江町市場2.jpg
途中、出会った TV局の取材。
インタビューしているアナウンサーは、
夢スタジオでず〜と家族写真を撮影しているSKさんだった。


金沢の近江町市場に行ったのに、
私は京都の「錦市場」をとてもなつかしく思い出していた、なつかしい。

金沢のラウンジもいいが、法善寺横町のあのバー「N」が、強い印象で残っている。

やっぱりちょっと不良かもしれないなぁ。(^_^;)





  • (2010-08-28 04:21:30)
喧噪の街

最近は家で飲むことは、滅多にない。


喧噪の街その01.jpg

外に出ると面白い。


喧噪の街その02.jpg

きまって最後に行くラウンジ。
オールドパーの水割りが私の定番。




喧噪の街その03.jpg

やっぱり外に出ると面白い。
今日も街はにぎやかだ。
人が生きている。

けれど
太宰治はどこだ!
三島の魂はどこだ。




  • (2010-08-01 00:15:12)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21